バナー

日本では自転車競技といえば競輪

街中でロードバイクなどのスポーツバイクに乗っている人を見た人が「競輪選手だな」と言う現象について語ってみたいのですが、この傾向は特に年配の人に多いようであります。
かつて日本においては、自転車のスポーツといえば競輪であり、それ以外はまず考えられなかったはずです。


戦後間もない頃の日本では、自転車のロードレースはあまり一般的ではなく、ましてやBMXや、マウンテンバイクなどの競技は未知の分野だったのです。

また、ロードバイクに乗っている人を競輪選手だと勘違いしてしまう特異な現象がなぜ起こりえるのかを説明すれば、戦後のモータリゼーションの発展とともに自動車の交通量が爆発的に増えたため、例外的に自転車は歩道を走ってもよいということになったのです。このため、一般の人が自転車で車道を走ることが激減したのであります。

それと同時に歩道の整備も進みました。
この道路交通法改正のため、車道を走る自転車は特別な存在になったことは言うまでもありません。

実に面白い現象ですが、日本では自転車競技といえば競輪があまりにも有名なためか、年配の人などは、派手なサイクルジャージを着て車道を自転車で走っている人をなぜか競輪選手だと勘違いしてしまうことがよくあるのです。
確かに中には本物の選手もいるでしょうが、スポーツバイクが大変に人気になった昨今では、プロの選手よりも、一般のサイクリストのほうがはるかに多いはずです。

そもそも、よく考えてみれば競輪選手は、時速70キロ以上の猛烈なスピードで走るのですから、一般道で走ったら、道路交通法違反になってしまいますから、本格的な練習をするときは、専用のレース場で行うはずです。また、一般の自転車競技の選手が着るサイクルジャージと、競輪選手が着る服は違います。服の素材の厚みが違います。

がっちりした感じの服は、オートレースの選手の服にも共通するものがあります。

車道をロードバイクで走っている人を競輪選手だと勘違いしてしまう現象は、競輪がそれだけ一般の人にまで認知されたスポーツだということです。

そして、長い歴史もあり、今後も国際競技としても大いなる発展が望めるスポーツなのです。

http://matome.naver.jp/odai/2140453766784945501
http://www.sgu.gr.jp/
https://www.youtube.com/watch?v=lG9TK7jD-1Y

ダンスの初心者に関しての情報が閲覧できます。

飯田のダンススクールについて解説いたします。

大阪のゴルフコースについて分かりやすくまとめてあります。

大阪のゴルフ場情報といえばこちらです。

今よりもゴルフ会員権の購入情報を選びました。